スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また内職

20080626

梅雨のはっきりしない晴れの日。

今日は土間コンの打設があった。

もちろん私は遠慮した。



で、私は内職をした。
それはエレベータ室の中連窓にある換気ガラリから雨が降り込んで来るという。それをパネルで塞いでほしいとの依頼だ。


分かりました。


これが私の単純なミスで、現場加工となり、またその加工が裏目となり思ったより時間がかかった。
IMGP1269.jpgこれがエレベータ室。モーターが2機ある。古いタイプのようだ。この中に雨が風と一緒に換気ガラリから入ってくるのだ。入り込んだ雨は窓に近い制御盤ボックスに降りかかる。



そんなこんなで遅くまでかかってしまった。
IMGP1268-1.jpgしょうがない。
最後に周辺を撮影。
西北西。
続いて西方面。この先に職人さんが土間を打っている。遊んでなんかいない。内職中。
これが昼から晴れの予報かよ。
IMGP1267.jpg IMGP1270.jpg

南方面。太華山が見える。この山に霧がかかれば雨が降る。続いて東方面。我が早朝野球のグラウンドも見える。
IMGP1271.jpg IMGP1272.jpg

東北東かな。
IMGP1273.jpg ちっやな街だな。
この中で仕事を探して生活してるんだと思うとヨロッと来てしまう。みんな頑張りましょう。


落ちる前に帰ろう。
スポンサーサイト

この草なんだろう

20080624

事務所前で珍しい草を見つけた。

IMGP1257.jpg


調べて見た。
烏柄杓」と言うらしい。

マムシグサ」とも「ウラシマソウ」とも違うようだ。

見ていて面白い植物だ。これからちょっとは大きくなるだろうから観察してみよう。

野草も勉強しないといけないな。





従うこと。

20080623

天気の話題に執着する。


今日も晴れてくれた。モルタル工事が進む。
明日も晴れのようだ。


2つの現場を回り材料を納め、一つの現場で訂正を指示する。
レンガの使い方がちょっと違った。


見栄えがまったく違ってくる。
申し分けないがやり直しをお願いした。


新しい現場の打ち合わせもこなし、意気揚々と帰っていると電話が鳴った。
「先程の提案の倉庫の件は雲行きが怪しい」との事。
(お洒落なのになー)と思いつつ望みは捨てないでおこう。


なかなか思い通りにはいかないものだ。
しょうがない。
お客様の物だ。お客様に従うしかない。


その中で良いもの提案し直し、良いものを造る。





このまま天気よ続いておくれー。

もったいない。

20080622

天候不順で着工日すらはっきり伝えられないのがこの時期の悩み。
お客様に前もって小さな気付きでも先行して伝えてあげたい。


後手連絡は避けたいものだ。


昨日訳あって早く帰宅した為、(それでも17:30だが)残った仕事を片付けた。
打ち合わせも1件ありちょうどいい。


机に向かい作業する。
小雨混じりから霧雨に変わり気付いたら晴天になっていた。ライトブルーの空と白い雲が微妙なバランスで美しい。
おかげでちょっと蒸し暑い。


番犬を小屋から出してあげる。


日曜日にこんな天気はもったいないと思ってしまうのが外の仕事に従事するものの性。


一日そんしちゃった気分。


完工に一歩でも近づけ次のお客様へ移ってあげたい。


蚊取り線香に火を点け作図する。


川の流れの音と小鳥のさえずりが心地いい中、


アースの蚊取り線香は仏壇線香臭いなっと後悔する。


やっぱり金鳥だろ。
IMGP1251.jpg



「後、49巻か・・・・・長いな。」





雨男の仕事

20080620

書いた記事修正中にマウスの横についているBACKボタンに触れてしまった。


ハッ


もう一回同じことが書けるかなって思いながらやり場のない怒りを抑え、黙々と記事を書く。



先の現場も植え込みのみを残すだけとなり、段取りをした勢いでつい取り掛かってしまった。
植木を積んでから雨が降り出した。


「なんてこったい!」


それから車を一時間程走らせ現場に到着。
カッパに着替え作業開始。


植栽配置を終え定植した頃、大雨。ザーー。
落ちた雨が跳ね返り全てが白くぼやけるほどだ。


「さすが雨男。」っと声に出すが聞こえない。


リュウノヒゲを黙々と植える。地味な作業が続く。
汗、湿気、通気性の悪さからもはやカッパの意味すらなくなってきている。


最後にセダムを植え付け完了。
ホースで土間を洗う。
雨のおかげかホースの水のおかげか分からないが綺麗になっていく。


必要なものだけで構成されたあまりに簡潔な現場が終わった。
IMGP1246.jpg IMGP1247.jpg

時折こういった現場は有難い。


ここはアトリエ専用。
まだお住みになっていないので玄関先で着替えさせていただく。
トンボ帰りで打ち合わせ。


着替えた服も意味が無くなった。だって外の打合せだからだ。


気持ちよく降ってくれる雨だ。


こう言う雨、大好き。

うれし!悲し!うれし!

20080617

晴れた。
私が現場に行かなかったので晴れたのだ。

そうなのか?天気君。
私が現場に行ってたら降らせてたのか?

確かに10:00頃現場に行こうかなと思ったがとたんに雲行きが怪しくなったので止めた。
私の動きを観察してるようにも思えてくる。
それから正午より日が差し暑い位になった。


ふざけんじゃない。


現場は進んでくれてうれしいが、
ある意味腹立たしくもある。




机に座りPCに向かって仕事をする。
蚊が私を刺しに来る。

横を向きつつすかさずパシッ!っとなるはずが手が合わない。

イライラが募る。

なぜ空振りする。
自分の右手と左手だろ、パシッっと音がしろよと頭で思う。
取り逃がす。


チクッ!


今度は針がプスっと刺さったところで叩いてやった。フフ。
身を犠牲にしての勝利。



現場が進んで何よりだ。

お願い晴れて!

20080616

梅雨入りしてからこちら今日まで、貴重な晴れの日がどうやら今日を持って閉店するようだ。

残念でならない。
例年に無く6月、7月が忙しいので尚のことだ。

本日夕刻より雲が多くなり、雨。明日の午前中まで降り続き午前中の内にあがるという。


ん~、明日2ヶ所で土間打ちがある。
しかもそのあがるであろう午後をあてに打設開始。
一現場は10:00よりフライング気味に見切り発射。
なんて無理やりな。
雨の日専用コンクリート「雨コン」なんて出来ないか。
値段は高くてもいいから。



当然強行は出来ない。あくまで予定。


雨男としては絶対に現場に出向けない。悲しいところだ。




任せた!晴れ男諸君!

風見鶏。

20080614

本日はものすごい眠たかった。
朝から晩まで。


早朝にお客様がお見えになりプランの依頼を受けた。内容を伺い頭の中で絵を思い浮かべ打ち合わせる。
猛烈に眠い。


モデルハウス用の図面を提出する為、簡単にプレゼンを作る。遅めの昼食を取り、14:30より提出に向かう。
展示会開催中だったので夕方近くまで待った。


久しぶりに会う社長、営業さんと話が弾む。なにやら営業さんも眠いらしい。
なかなかいい感触だ。
実現すればいいな。


そろそろ帰ろうと外に出ると
んっ。
IMGP1243.jpgズ~ム。
IMGP1245.jpg

「か、風見鶏?ですか?しかも天然。」っと私。

「そんなのつけたっけかな?」っと営業さん。

二人して眠気も忘れてた。

わがまま協議

20080611

複数現場を一斉に取りかかっている。

打合せをするものの、打合せ通りには行かない事だって出てくるわけで、そんな中、それぞれの現場で境界に関するちょっとしたいい事悪い事がを書くことにする。


工事挨拶をする為、お隣(土地を持っておられた地主様)に伺った。
我お客様の土地が若干高く、境界工事はお客様が負担しないといけないにもかかわらず、ご挨拶折、折半工事にしましょうとの御提案を受け、我お施主様に伝えたところ、それで結構であればうれしい限りですと相なった。


お客様は見積り金額が減るので万々歳だ。
お隣は半分共有できるので境界ブロックフェンスに関して気兼ねが無くなるという。


材料の変更はあったものの双方丸くおさまった話だ。



次。
この件をクリアーした直後もう一つのお客様よりTELあり。



「お隣様が境界をどうしようと問いかけ来られました。お隣もどの業者で外回りするか決められてないようです」



すぐ見積りを作り提出。  内容はこうだ。

23mもある境界。お隣以降ずっと3段にH800のフェンスで施工してきているのでそのように見積もる。
奥より3段道路に向かって4段必要だ。

こちらとしては工事期間内であれば都合もいいし、お客様にも安く提供できる。


返事待ちとなって帰った。


帰って電話が鳴る。取ると
「お隣の○○さんに御提案している業者のものです。うちも見積もりを出してて境界はうちがするようになってます!」っと業者。
「はっ?そうなんですか?・・・・・・。別にかまわないですが折半工事って双方協議しないんですかね。」
「もう決まってますから」っと業者。
「因みにおいくらです?」っと私。
「○○万円です。」っと業者
「安いですね、3段、4段でそれなら仕方がないですね。」
「いえ、2段で、H600のフェンスです」っと業者。
「それって奥はブロック殆ど埋まりますよね、それでいいことなんでしょうか?」
「お金がないので、あなたのお客様も了解しました。」っと業者。
「・・・・。」  (おそらくしぶしぶだな)

「それならいいですよ、ならばこちらが外構工事先行してますので終了後からお願いしますね、それでは。」っと私。
「いえ、境界工事は早くした方がお客様の為ですから明日から入ります。邪魔はしませんから」っと業者。




(それが邪魔なんだよ。なんかこれ幸いって感じ見え見えじゃないか。そこの外構話も前に進んでくって感じか?)




(なんじゃこの業者は全部自分の都合じゃないか。 もういい。あきれた。 こんな子供のわがまま言うような業者いるんだ。 こんなの初めてだ。普通金額折り合いつけて先行業者が工事する事が殆どだったよ。別業者同士がバッティングしないようにしてたけどな。)





・・・ある意味強者だ。
こうでないと駄目かも。
勉強になった?
いやいや、そうじゃない!


こんな業者だけにはならない。なりなくない。



連日長いブログで恐縮です。疲れました?




模様替え効果?

20080608

小さな狭い事務所の模様替えをしてから以降、小さな事務所に異変が起きた。


正確に言うと模様替えを思い立った頃からだが仕事が増えた。
作図依頼、仕事の受注、OB客からの依頼などだ。

受注量もほぼ限界付近にまで来ているほどだ。



極めつけはこうだ。



私の古い(6年半前)お客様Aセレブ、今も交流がある。住んでいる自宅裏の家を売りたいので相談したいと見に伺ったほどの仲だ。有難い。お庭の手入れも頼まれているが時間が取れずにいる。早いとこ行かなければ。


そんな中、別件で4年前色々あった末庭の受注に至らなかったお客様より電話が鳴った。(やっと庭を決断してくれたか)


「お久ぶりです」っと4年前のお客様(奥様)が言った。
「懐かしいですね」っと私。
「一人になりました。」っと4年前が言う。
(えっ一人?)と私


なにやら事情が変わった。


「あれから色々あった末、リフォーム会社に勤めだしたんだ」っと4年前が言った。
「・・・。色々?」  以前庭のことで家中、はたまた実家を巻き込んで大騒動になったオジャンになった経歴がある。それが引き金で一人に・・・。



「つきましては現場を見ていただきたいのですが」と4年前。


    (再び事情が変わった。)


(オジャンのお客様が今となっては仕事を提供してくれる立場になっている。世の中分からんな。)


「時間を合わせて下見に行きましょう。で、どちらへ?」っと私。
「お客様Aといいます。自宅裏の物件でどうしても売りたくはなかったんだけど、でもやっとこの度」っと4年前が口にした。
「グフッ、ゲホッ・・・・・。」  (Aさんそれ私に売りたくってしょうがないって言ってたやつだ。)
「何か?」っと4年前。(奥様)


ぞわわ~~~。」6年前セレブAと4年前奥様のやり取りが手に取るように見えてきた。とってもコッテリだぜ。



なんと言う因果関係。6年前セレブAさんが4年前(奥様)とあれこれ。
仲介の不動産の担当の方も年賀状のやり取りをしている方だった。



世の中狭い?この流れはなに?



この後、お仕事頂き、またこのほかにも古い以前の得意先からも仕事を頂いた。




模様替えの効果なら毎月しようかな。

悲願の模様替え

20080606

先だってから頭に描いていた模様替えだが、全て提出物を出し終えたのでなんとなく手を付けてみた。

何から始めればいいんだろう。
とにかく書類、細々したものをまとめた。   いや、重ねた。

机がここにあればいいな。

机の下にもぐる。
配線を見ていやになる。

なんとなしに気持ちの流れに沿って2,3本はずしてみた。
えっ、これどこに刺さってたんだろう。ゾワワ~


それから全てにマーキングをし、机をずらす為、コピー、本棚を机が動かせるだけずらす。


僅か10畳ほどの事務所内にある応接ソファー、本棚、コピー、机、小型冷蔵庫が高速道路の玉突事故現場のような状態となった。 
なんてこったい!」
PC配線は乾燥したざるそばのように絡み合い、コンセントに届かないものまで出てくる始末。

またコピーの重いこと。コロも付いていない。
応援を呼ぶ。  通じない。
「通じない携帯なんて持つんじゃない!」
「何でこんな狭いとこにこんなに物があるんだ!」
一人で叫ぶ。



まずい
どーしよー。
なんてことに手をつけてしまったんだ。



それからというもの顔に表情がが無くなってたと思う。
無心になった。

あらゆるものを捨て、整理した。
夜、虫が事務所内を飛びまわる。
黙々と作業を遂行する。



終わった。これで終わったんだ。
ロッキーのテーマが頭の中を流れ出す。
達成感に包まれる。



何とか人を呼べる。完成だ。
とても気持ちいい。最高だ。これが事務所だ。帰りたくない。ここに住みたい。



帰りには発泡じゃなくビールを買って帰った。
一人飲むビールの味は最高だった。




これで何かが変われば尚サイコー!

打合せから航空祭とイチゴ狩り。

20080603

土曜日、防府のお客様の所に打ち合わせに行った。

お昼前の打合せ中突然、「ゴーッ!」っとものすごい爆音がした。
お客様がしゃべっている口がパクパクしている。何を言っているのか聞こえない。

天を仰ぐと戦闘機が5機飛んでいるではないか。

「航空際の飛行訓練だよ」とお施主のお父様が引き渡し前の家から出てきてそう言った。

なんとお父様は防府北基地で航空機の整備をしていたらしい。 「ひえ~!タイムリ~」

           
            と言う事で日曜日は絶対、航空際に行く!



すんなり基地内に注射できた。ワクワク。
IMGP1206.jpg

ブーンッ!エアロックが始まった。
写真を撮るのも忘れ見入る。
IMGP1184.jpg IMGP1192.jpg IMGP1191.jpg IMGP1188.jpg

初めての航空祭だ。う~ん感激!
IMGP1191.jpg IMGP1193.jpg IMGP1194.jpg 
他にも戦車なんかあったが自由が利かず全て見ることは出来なかった。
そんな中、買ってしまった物
IMGP1189.jpg航空自衛隊限定ベビースター。市販よりも若干硬くスパイシーだ。私的にはグー。
昼よりF-16戦闘機、曲技飛行
IMGP1199.jpgすごい!近い!胸をすく爆音。きーもちい~。
続いてF-4型戦闘機
IMGP1201.jpgF型って音がものすごいな。
おおとりはブルーインパルス。
IMGP1211.jpgF型戦闘機よりとっても静かだ。いやー子供より私が楽しかったな。

帰りには子供達とイチゴ狩り。っといっても秘密のイチゴ狩りスポット。無料摘み放題。
IMGP1219.jpg IMGP1221.jpg IMGP1223.jpg

野いちごだ。
クサイチゴとクマイチゴ。子供達にはこっちが楽しいようだ。

「もう1件どこか行こうよ!」と上の娘。
「却下です。帰ります。」

子供より先に就寝させていただきました。充実。

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログランキング
クリック有難うございます。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
プロフィール

Author:木洩れ日
下松市にある外構やお庭を設計施工する小さなお店の「木洩れ日」。外壁の塗装まで行います。ノスタルジックやアンティークのような郷愁漂うようなものが好きです。
独自の路線を探求し、派手さは無いがしっとり質感高く仕上げます。
飽きの来ないのが「木洩れ日」流?

Garden Hut
自宅に倉庫や憩いのスペースを 画像Click!
木洩れ日ホームページ
画像Click!
オリジナルガーデンシンク
水栓やガーデンシンクを製作 画像Click!
FC2カウンター
最近の記事
木洩れ日おすすめリンク
最近のコメント
ご近所の猫様と良い関係を築くには。
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。