スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わがまま協議

20080611

複数現場を一斉に取りかかっている。

打合せをするものの、打合せ通りには行かない事だって出てくるわけで、そんな中、それぞれの現場で境界に関するちょっとしたいい事悪い事がを書くことにする。


工事挨拶をする為、お隣(土地を持っておられた地主様)に伺った。
我お客様の土地が若干高く、境界工事はお客様が負担しないといけないにもかかわらず、ご挨拶折、折半工事にしましょうとの御提案を受け、我お施主様に伝えたところ、それで結構であればうれしい限りですと相なった。


お客様は見積り金額が減るので万々歳だ。
お隣は半分共有できるので境界ブロックフェンスに関して気兼ねが無くなるという。


材料の変更はあったものの双方丸くおさまった話だ。



次。
この件をクリアーした直後もう一つのお客様よりTELあり。



「お隣様が境界をどうしようと問いかけ来られました。お隣もどの業者で外回りするか決められてないようです」



すぐ見積りを作り提出。  内容はこうだ。

23mもある境界。お隣以降ずっと3段にH800のフェンスで施工してきているのでそのように見積もる。
奥より3段道路に向かって4段必要だ。

こちらとしては工事期間内であれば都合もいいし、お客様にも安く提供できる。


返事待ちとなって帰った。


帰って電話が鳴る。取ると
「お隣の○○さんに御提案している業者のものです。うちも見積もりを出してて境界はうちがするようになってます!」っと業者。
「はっ?そうなんですか?・・・・・・。別にかまわないですが折半工事って双方協議しないんですかね。」
「もう決まってますから」っと業者。
「因みにおいくらです?」っと私。
「○○万円です。」っと業者
「安いですね、3段、4段でそれなら仕方がないですね。」
「いえ、2段で、H600のフェンスです」っと業者。
「それって奥はブロック殆ど埋まりますよね、それでいいことなんでしょうか?」
「お金がないので、あなたのお客様も了解しました。」っと業者。
「・・・・。」  (おそらくしぶしぶだな)

「それならいいですよ、ならばこちらが外構工事先行してますので終了後からお願いしますね、それでは。」っと私。
「いえ、境界工事は早くした方がお客様の為ですから明日から入ります。邪魔はしませんから」っと業者。




(それが邪魔なんだよ。なんかこれ幸いって感じ見え見えじゃないか。そこの外構話も前に進んでくって感じか?)




(なんじゃこの業者は全部自分の都合じゃないか。 もういい。あきれた。 こんな子供のわがまま言うような業者いるんだ。 こんなの初めてだ。普通金額折り合いつけて先行業者が工事する事が殆どだったよ。別業者同士がバッティングしないようにしてたけどな。)





・・・ある意味強者だ。
こうでないと駄目かも。
勉強になった?
いやいや、そうじゃない!


こんな業者だけにはならない。なりなくない。



連日長いブログで恐縮です。疲れました?




コメント

いろんな業者さんがいるもんですねー。
こっち側としたら選別の仕方がわかんないよ。
2、3回一緒に飲むと見えてくるんだけど、、、

そりゃ無理か(笑)

人と人の間に入るのって、気苦労が多いですよね。

それにしても、本当に自分の事しか考えてないですね…
個人なら、まだ『こういう人もいるんだ』ですが、仕事で自己チューっていうのも…
相手を思いやる気持ちがないと、仕事はだんだん減っていくもんです。
お客さん側だって、そういうのを敏感に感じ取るものですよね~

◎memepi さん
カッカッカッ(笑)
まさにそのとーりですね。
見えちゃいけないとこまで見られそう。
施工例と人柄かな。

自分で言ってりゃそのようにしなきゃならん。

◎ば~むく~へんさん
業者がそこで生活するんじゃないんです。
お施主様お隣同士がこの先ずっと顔を突き合わせて行くんですよね。
それを考えての協議なのに自分のお客のワンサイド条件だけを押し通すやり方は周りが、又はお互いのお客様の先のことが見えてないとしか言いようがないです。
非公開コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング
クリック有難うございます。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
プロフィール

木洩れ日

Author:木洩れ日
下松市にある外構やお庭を設計施工する小さなお店の「木洩れ日」。外壁の塗装まで行います。ノスタルジックやアンティークのような郷愁漂うようなものが好きです。
独自の路線を探求し、派手さは無いがしっとり質感高く仕上げます。
飽きの来ないのが「木洩れ日」流?

Garden Hut
自宅に倉庫や憩いのスペースを 画像Click!
木洩れ日ホームページ
画像Click!
オリジナルガーデンシンク
水栓やガーデンシンクを製作 画像Click!
FC2カウンター
最近の記事
木洩れ日おすすめリンク
最近のコメント
ご近所の猫様と良い関係を築くには。
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。